>  > バレないよう工夫しています

バレないよう工夫しています

バレないように利用するのが風俗での大前提なんですよ。同僚程度であれば問題ありませんが、妻にバレてしまったら洒落では済みません。だからこそ風俗を利用する時にはバレないようにという点を何よりも考えるようにしています。まず心掛けているのは名刺はもらわないようにしています。もらいたいんです。本当は名刺をもらって女の子の気持ちをニヤニヤしながら見たりって楽しみたいんですけど、名刺でバレる率が高いってことも良く分かっているので、捨てるのもかえって申し訳ないのでもらわないようにしています。あと、ピンサロにするようにしています。他の風俗を利用したくなる時もあるんですけど、ピンサロの場合シャワーを浴びないので髪型も崩れないし、匂いもつかないんですよね。自分自身では細心の注意を払っていても、一応は会社から帰って来た体なのにボディソープの匂いがしてきた。そんなシチュエーションでは言い訳なんて何も出来ないですしね(苦笑)

微乳はもしかしたら…

もしかしたら自分は微乳が合っているのかもしれません。厳密に言えば微乳というよりも感度の良いおっぱいを持つ風俗嬢ってことですかね。確かに微乳は感度の良い子が多いとは言われています。でも自分は風俗では巨乳と楽しんでいました。好き好んで無いものを楽しむのは勿体ないんじゃないか。そう思っていたんです。でもその日、何となくフリーにしたら微乳の彼女がやってきたんです。本音を言えば、彼女の胸元を見た時に絶望しました。フリーにしたことを後悔しました。これなら指名しておけばよかった。本気でそう思ったんですけど、でも実際に微乳の子と楽しんでみると、むしろとても楽しかったことに気付かされました。それが何よりの収穫かもしれません。冷静に考えると、そもそも攻めるのが好きな自分にとって感度の良い微乳は相性の良い存在なんじゃないかなと思ったんですよね。何かにつけてすぐに反応してくれるあの微乳。これは検証する価値がありそうですよ。

[ 2016-12-14 ]

カテゴリ: 風俗体験談